シルビアのSR20DETにECR33のRBミッションを装着する為のミッションアダプターです。

40ミリのアルミからNCマシンで総削り出しで製作しました。



厚板のアダプターですがアルミなので軽量です、肉抜き軽量化も考えましたが、ネジレに強い構造の

アダプターの方がシリンダーブロックの剛性も上がるので、この構造にしました、過激なエンジンパ

ワーでミッション軸の回転方向の逆にミッションがネジレようとする力をアダプターが吸収するので

SR20の弱いアルミ製シリンダーブロックの歪みを防いでエンジンの耐久性アップにも貢献します。



位置決めピン


RBミッション側



SRエンジン側


裏表の4箇所の純正ノックピンで位置決めするので芯円度抜群で精度も出てます。




装着例



まずSRエンジン側に純正ノックピンを二箇所打ち込みます、中古ブロックなら打ち込み済みだと思います。






アダプター側にはRBエンジン専用の純正ノックピンをプレスで圧入してください。


絶対ハンマーで叩かないで下さい、キツめのクリアランスなので弾かれて穴がガタになり全損になります。


あとSRとRBのノックピンは長さが違います、SRの方が長いですよ。


RBミッションのノックピンの品番は上が30412−H1001-ダウエルブロック

左下が11022−21000−ダウエルブロックツートランス

この2個は必ず必要です。






そしてS15用のクラッチを装着してください。

S13、S14、S15全車にRBミッションアダプターを装着するには必ずS15用クラッチが必要です!

画像は左がエクセディーのツインクラッチで右がOS技研のツインクラッチです。






次にセルモーターを付けてください、キャップスクリューボルト
には必ずスプリングワッシャーを緩み防止で入れてください。






ツインプレートを装着する場合でも通称天狗の鼻はカット不要です。






画像のスリーブベアリングは16ミリです。

ツインクラッチのOS技研やエクセディーの場合はスリーブベアリングは14ミリ
〜16ミリの高さを使うといいです、ベストは14ミリでフォークが垂直でした。






RBミションの取り付けボルトは長さが3種類あるので間違わないでください。

途中から55ミリのボルトも60ミリに変更したので60ミリ4本と、30ミリ1本の計5本で取り付けしてください。






RBミッション側のネジにも緩み防止の為、スプリングワッシャーを介してからキャップスクリューを締めてください。




S15編



ミッショントンネルがミッションと干渉するところがあるので、大きなハ
ンマーでボディー側を叩いて少し凹ましてください、赤丸4箇所です。




S15編



RBミッションアダプターとエクセディーのツインクラッチを装着の場合です。






いちをコツとしてエンジンメンバーのナット4個を外れない程度に緩めてエンジンメンバーを1センチ
ぐらい下げて、エンジンの前を上に押してエンジンを傾け、RBミッションは時計回りに40度ぐらい
回転させた位置でドッキングさせれば簡単にハマります、あとインプットシャフトがクラッチディスク
のボスに、なかなか入らない場合はインプットシャフトのスプラインの山とクラッチディスクボスのス
プラインの山が、ちょうど凸凸同士になって入らないのでクランクを少し回すと凹凸同士になり簡単に
入ります。





S15の場合シフトレバー位置が若干前に移動してるので少しボディーカットしてください。





シフトレバーは純正を加工してクランクの用に曲がったレバーを製作してください。



これはS15の場合の寸法ですよ。





ミッションメンバーはRBミッションメンバーを少し長穴加工と、
ミッションマウント穴位置移動するだけで簡単装着可能です、



メンバー加工方法



ミッションメンバーの取り付け穴を、フロント側に7ミリ延長して長穴に加工してください。





次はミッションマウントの取り付け穴から16.5ミリ後ろ側に穴を新規で明けてください。





新規で穴を明けたとこで固定するとマウントが16.5ミリ前に移動出来ます。





これでポン付けです!





注意!ミッションがフロアトンネルに干渉すると凄い音がするのでフレームとミッションメンバー
の間に12ミリぐらいのスペーサーを入れて、ミッションを下げた位置で固定してください。



2014.6.29



前方にメンバーが移動してるので加速してエンジンが右に傾いた時だけ赤丸のミッションマウント
ボルトがメンバーに干渉して凄い振動が出ます、メンバーに逃げ加工をしてくださいね。最近気付
きました×(^o^;)×




S15編

安くて完璧なプロシャの作り方です!

プロペラシャフトはECR33の1次軸をショート加工すれば簡単に使用出来ます。



プロシャは回転バランスより、溶接する時に曲がって溶接してしまう方が良くないです、アングルが
止め易い様に、ど真ん中で溶接できる切断をしてください、、そして必ず4本のバンドでアングル3
本を均等に縛り、必ず位置関係は変えないでショートにし、完全にストレート状態で3箇所点溶接し
てください。





治具を外して3点溶接から均等に6点溶接して、そこから全周溶接したら曲がらないで溶接出来ますよ。





バランス取りした曲がったプロシャより、冶具溶接だけのプロシャの方が振動が無く、前回は4速に
稲妻シフトした時だけガリっと言ってた青の15シルビアがスムーズにシフトが入ります!、シフト
の入りはプロシャの振動も影響があるのが解りました、バランスなんか取らなくても真直ぐ溶接出来
れば200キロ出しても振動しないしシフトチェンジがスコスコ入りますよ。





365ミリにショート加工すればS15にはベスト寸法です、1次軸と2次軸フランジはスカイラ
インとシルビアは共通なので、あとはボルトオンですよ、それと外注にバランス取りを出さなくて
も、ウチのは適当に加工したのに250Kmでも振動しません、延長加工は精度を出すのが大変で
バランスも狂いシビアですが、短くするだけの加工なら素人でも大丈夫だと思います。






あと16000円でプロシャの冶具溶接を承ります。



お金を頂いて加工するので溶接職人に来てもらいプロの溶接いたします、32谷○さんのSPL冶具を使います。





さすがプロですね、錆び止めスプレーは自分でしてくださいね!


S14とS15は長さは共通です。







クラッチ注意事項!



昔のATS&ACROSS製のクラッチは、そのままでは使用不可です、純正のパイロットブッシュ
がフライホイルに入る構造ではありません、そのまま使用するとミッションシャフトが底突きしてエ
ンジンが破損します、フライホイル側を旋盤で拡大加工して日産純正パイロットブッシュが入るよう
に加工してください、フライホイルの裏のクランク座面から11ミリのところまで、表から座グリ加
工すれば使用出来ます。




ATSフライホイル改造加工の仕方




フライホイルをNC旋盤で掴む為の治具を製作して中心のズレを無くしシッカリ固定しま
す、そして純正のパイロットブッシュが挿入出来る様にNC旋盤でザグリ加工をします。







旋盤で表から20.6パイの穴を深さ17ミリまで削り込みます、すると裏のクランク座面から11
ミリになりますよ、これはATSのカーボンシングルの場合です、これで画像のニッサン純正パイロ
ットブッシュが挿入出来る状態になります、最後にウチのRBミッション専用パイロットブッシュの
方を組み込めばATS製でも正常に使えますよ。



加工前                  加工後






これがウチの専用パイロットブッシュです、これは画像公開しません、コピー物のRBミッション
アダプターを作らさない為なのでウチのを買ってくれた人もブログなどに公開しないでくださいね。







ATSカーボンツインの場合



ATS製でも、最新の純正のパイロットブッシュが組み込めるタイプなら、旋盤加工は不
要です、ウチの専用パイロットブッシュを挿入すれば加工無しでそのまま使用可能です。




S15専用クラッチでOS技研やエクセディーは、元から純正パイロットブッシュがフライホイルに
組み込めるタイプなので旋盤加工不要です、そのままウチのRBミッション専用パイロットブッシュ
を挿入すれば簡単に使用できます。




2012.1.4

雪の降るサーキットでテスト走行しましたよ!


クリック



2010.12.26

岡山国際サーキット



さすが中身はGT−Rと同じ歯車なのでビクともしませんでした○(^o^)○

ベストタイム1分39秒動画  クリック



2014.12.30



ファイナル4.6とOS技研GT−Rクロスを組み込みタイム更新しました クリック





外から動画  クリック






設計工程から動くまでのブログです