Z33に日産V36ローター355パイを流用するブラケットを製作しました。





ジュラルミン1体物削り出しで製作しました。




取り付け方です!




Z33用純正ブレンボキャリパーと遮熱板を外してください。





上の穴には外した純正ボルトを入れてください。





下の穴にはカラーパイプを差し込んでからM12ボルトと1ミリワッシャーを入れてください。





そしてジュラルミンブラケットを取り付けしてください。





M14のボルト2本を内側から差し込んでください。





矢印のとこにボルトの逃げ加工をしてください。





逃げ加工の確認の為、ローターを付けずにキャリパーだけを付け
て、ボルトが加工したとこに干渉してないか確認してください。





干渉してないのが確認出来たら、またキャリパーを外してください。





ローターを先に付けてからキャリパー付けてください、ブ
レーキ鉄配管はZ34用を購入して曲げて使ってください。





左側が完成です!




おまけ



別売りでV36軽量2ピースローター355パイも設定あります。