サーキットのレースで勝つ為に製作したクロスギヤーです、通常のクロスは3速が4速の直結よりにギヤ比が設定
されて3速で曲がるコーナーがパワーバンドから外れますが、このサーキットクロスは3速が2速よりに設定され
てますのでフル加速出来ます、国内のサーキットは3速立ち上がりで勝負する場合が多く、一周回る内に3速で曲
がるコーナーは全コーナーの半分以上を占めるサーキットもたくさんあります。






このギヤーが特長で歯山形状が、おむすびみたいな形で強度が倍増しています、純正はとんがって
るので700馬力ぐらいでSタイヤで走ると、すぐに飛びます、でも純正の方がギヤノイズは少な
い点はいいです。




インプットシャフトからカウンターに第一次減速で1.348に落として3速単体が23山でカウ
ンター側3速も23山なので1対1で1.348のままアウトプットシャフトに伝達されます、3
速の負荷も同じ大きさのギヤーに均等に分散される為、通常の異径3速より耐久性も上がります、
これで国際サーキットの最終コーナーとアットウッドと1コーナーを700馬力クラスタービンで
もフル加速で立ち上がることが出来ます、若干3速と4速が離れるけど直線でシフトUPするので
タイムダウンにはなりません。




2009.12.20

岡山国際サーキットでサーキットクロスミッションのテストをそた走行動画です。

高速Sも5速で走ってエンジンの負担も軽減できますよ。



動画クリック


サーキットクロスでのタコメーター動画

クリック

サーキットクロスは軽量化無しの古い作りの32GT−Rで排気量も1ccも上げずに大きいタービンを
付けVカムや空力パーツも一切装着せずに岡山国際サーキットを41秒で周回が可能になるSPL5速で
す、ドグとは違い通勤でも乗りやすいサーキットクロスミッションです。値段もホリンジャーのシーケン
シャル6速よりカナリ安くつき寿命もシンクロ付きなので何万キロもノーメンテで乗れますよ○(^o^)○


34Rのゲトラグ6速と言う手もありますが3.5や3.7や3.9のファ
イナルギヤーの値段が高すぎたり生産中止などで考えますよね×(^o^;)×


しっかりパワーバンドに入ってるのでレース中に周回遅れにライン
を崩されても直ぐに加速出来き勝つ為のクロスミッションです!




2010.1.29

今日も国際サーキットでサーキットクロスのテストをしました。



このサーキットクロス装着で1分40秒5が出て、これだけ走ってもトラブルありませんでした。

動画 
その1 クリック

その2 クリック

その3 クリック

    その4 クリック BEST



岡山国際サーキット(TI)



町乗り仕様で1分40秒3達成!

タイヤはA050です。

ブースト2キロで走ってもミッションは十分耐えましたよ!


動画 40秒3のブースト2キロ動画  クリック









日産純正のギヤ比です。

1速 3.214 2速 1.925 3速 1.302 4速1.000(直結) 5速 0.752     .




3速サーキットクロスのギヤ比です。

1速 2.695 2速 1.703 3速 1.348 4速1.000(直結) 5速 0.752(純正)




今回の強化3速サーキットクロスにOS5速ギヤーのみをミックスしてフルクロスにバージョンにしたギヤ比です

1速 2.695 2速 1.703 3速 1.348 4速1.000(直結) 5速 0.826(OS)




サーキットフルクロスにファイナルギヤーが純正の4.111の状態からGTS−4のファイナルギヤー
4.375に変更して換算すると1速〜5速ギヤー全部が、この様にロー側に変化します、動画の32G
T−Rは、この状態にOS強化インプットシャフト(ホリンジャータイプ)と強化センタープレートを組
み込んで走ってます。

1速 2.868 2速 1.812 3速 1.434 4速1.064(直結) 5速 0.878(OS)






BFR−SPL強化クロスミッション



ホームページのメインタイトルにジャンプする