ジュラルミンにチタンカラーの高価なタフラム処理したレーシングベルです。

注意! 商品はベルのみです、ローターは別売りでプロミューのレーシングローターを購入してください

このベルハットとプロミューローターの組み合わせでV36ローターと同じになる様に設計してます。




超軽量355ローター仕様!

プロミューのローターと組み合わせるとV36&Z34のローター同じ仕様になります。

注意!
曙キャリパーと日産ブレンボキャリパーに組み合わせると大きなベルがキャリパーに干渉するので使えません!

軽さを重視したレーシングローターなので重い鉄ローター面積を小さくして、軽いジュラルミンベル
面積を大きくしてます、なので大きなベルが、曙キャリパーや日産純正ブレンボに干渉します。




プロミューローターには専用金具のボビンと緩み止めボルトが
付属してます、その金具が合う様にベルは設計しています。

プロミュー製レーシングローター


高合金ハイカーボンFC鋳鉄を採用したブレーキローターです。スーパー耐久やスーパーGTにおい
て実践テストを重ね開発した新素材は各種レースにおいて高い評価と信頼を得ております。

以前は黒色ローターのプロミューローター品番は右用GR009R、左用GR009L
でしたが、プロミューHPから消えて現在R009RとLのみになってるみたいです。

右 R009R

左 R009L

注意!
ブレーキパッドは必ずプロミュー製を使用ください、他社のパッドで過激にサーキット走
ると直ぐにジャダーが発生しました、ローターとパッドの材質の相性はカナリ重要です!


プロミュー製ブレーキパッド


取り付けの注意点!

純正ブレンボの場合パッドに加工すれば装着可能



純正ブレンボパッドは縦側が大きすぎてローターベルに干渉
し、パッドが奥まで入らないのでパッドに加工が必要です。





サンダーでパッドから、はみ出てる裏板を削ってください、メーカーによりますが2〜3ミリぐらい削ればOKです。





すると純正ブレンボにレーシングローターが装着可能になります、削るのは
ベル側のパッドのみで、裏側はベルが無いので削る必要はありません。




F50ブレンボとの組み合わせです。





F50キャリパーの場合はベルハットと干渉無しでパッド加工は必要ありませんレーシング
ローターは鉄部分の面積を小さくして、ジュラルミンベル部分の面積を大きくし、軽量化
してるので、レーシングキャリパーとの組み合わせは加工不要です。




エンドレス6POTキャリパーだと余裕のクリアランスでした。






































以下は開発日記です。

試作3号



ベルハットの色をチタンゴールドに変更しました(タフラム処理)






試作2号



やっと軽量ローターが完成しました!





試作1号 
2010.12.1







製作日記です!

ジュラルミンからNC旋盤で加工しました。






荒削りしてから、仕上げ刃でツルピカ仕上げ加工してます。




アルマイトはゴールドにしてみました!





そして新型ローター28ミリの重さ量ったら約8.5キロですね!2ピースならこんなもんですよ○(^o^)○

32ミリタイプは8.9キロです




34GT−RとBFRブラケットとV36軽量2ピースローターの組み合わせの場合です。



アブガスさんのマイナーチェンジ後のエンドレスキャリパーには装着不可だったローターが、なぜか
僕のエンドレスには装着出来てベルまでのクリアランスが約5ミリもあります!、僕のはシン33m
に付いてたやつなので前期エンドレスキャリパーです、どうやら2012年以前の前期エンドレスキ
ャリパーには普通に装着出来るみたいですね!、じゃあBFR34でテストです!!!






フットワークが10キロも軽量化出来ました!回転するバ
ネ下重量だから50キロ軽くなった気分ですよ○(^o^)○


このゴールド仕様を量産することにしました、片側セットで39800円ですよ!




2014.5.29



20枚分が、やっとアルマイト処理から戻ってきました、販売開始ですよ〜








アブガスさん号に、シンさんとアブガスさんとで軽量2ピースローターを装着してもらいました。カッコイイですね!

アブガスさんは380パイローター用のパッドを購入してたので長さが355用パッドとは
違いました、355用に買い換えるのも手間なのでサンダーでカットして使いましたよ。




32GT−Rの場合



今晩はシャザクさんに軽量2ピースローターを装着してもらいました!





純正ブレンボパッドは大きすぎてローターベルハットに干渉するのでパッドに加工が必要です。





パッドの内側だけサンダーで裏板を削ってください、クリアランスが2ミリぐらい取れる様にしてください





バッチリ付きましたよ!○(^o^)○



2014.6.12



今晩はCBRさんとワッキーさんに2ピースローターを付けてもらいま
した、F50ブレンボとの組み合わせです、カッコイイ〜○(^o^)○





F50キャリパーの場合はベルハットと干渉は無しでした、でも個体差でキャリパーとベルハットが干渉
する寸前のクリアランスの場合はキャリパーとブラケットの間にワッシャーを挟んで、キャリパーを浮
かしてください。レーシングローターは鉄部分の面積を小さくして、ジュラルミン部分の面積を大きく
し、軽量化してるのでベルハット径が、どうしても大きくなる設計です。


1ミリのシムワッシャーならサービスで1台分あげますよ!





なんか派手ですね!でも軽いですよ!





てつにいさんが軽量2ピースローターと355用純正ブレンボブラケ
ットを凄く綺麗に装着してくれたので紹介させていただきますね!



てつにいさんの作業日記です、あまりにも丁寧で綺麗に作業してるので取り説代わりにも使えそうです!

クリック






2014.7.6



今日は午後から岡山国際サーキットで新作のブレーキローターのテスト走行しました。





すると走る寸前から雨がザーザーです×(^o^;)×


路面はこんなグリップ クリック


せっかく忙しい時間割いてテストに来たのに・・・・



僕は豪雨の中でタイヤを温めて戦う気はあ〜りません、イチヤ〜ンピッ○(^o^)○





しかもBFR34はブーコンOFFで最低ブーストにしても、機械的にウエストゲートがブース
ト1.8以下に落ちない細工してるのでウエットで真直ぐ走らすのも命がけです×(^o^;)×





僕は怪我したくないので、ウエットでも安定してテスト出来るシモサンに運転任せましたよ。

テスト動画 クリック(ザクティー撮影)




模擬レースは最後尾スタートで乱入です!



雨だけどシモサンの運転で模擬レースに乱入してもらい10週激走してもらいましたよ、新作フロン
トローターは全く問題ありませんでした、リアともバランス取れてバッチリで安定してたみたいです。


10週模擬レース乱入動画 クリック(GOプロ撮影)スキル不足でまだ編集中×(^o^;)×





今度は梅雨明けにドライでテストしたいですね×(^o^;)×、でも来週また行こうかな・・・・