2011.11.21



Fキャンバーが足らなく3度から3.5度にUPしないと来年10.5Jのホイルが履けないので純正
アッパーアームの加工に入りました、今回このアームはワッキーさんがくれた物でカニパーティーに行
ってた月曜日のCBRさんが家まで届けてくれました、ありがとうございました○(^o^)○







今回はAアーム取り付け穴を純正の穴から12ミリも内側に移動するので曲面のとこに干渉
し斜めになり精密に穴が明けれない為、ホルソーで曲面側ごと途中まで穴を明けます。






こんな感じで明けたらリューターで平らにします。






フラットになったとこに強化ワッシャーを置いて溶接します。






位置が精密に決まったのでホルソーの位置決め穴のとこに仕上げで12.3パイを明けました、反対側
も同じ様に加工します、曲面のとこにカナリ精密にオフセット出来ましたよ○(^o^)○後は溶接ですね、
このキャンバーで来月のオカコクのクラブミーティングで激走予定です。






2011.11.24



今晩はアッパーアームの溶接をしました、溶接が出来ないとこは裏から溶接しました。






最後に缶スプレーで錆び止め塗装して作業止めました、最近バタバタで、なかなか前に進みません×(^o^;)×






2011.11.25



1年以上使用したローターを外しました、時速200キロ以上でソフトタッチした時だけジャダー
を感じてましたが50秒以下で練習するレベルには十分使えました、でも次回はタイヤがカチてな
いラジアルで50秒切りを狙うので、皆のとは全然違うSPLローターの新品に交換しましたよ、
えっ!何がSPLかって?それはスリット溝が表からしか加工してないSPL品です、裏からは見
えないし自分のだからめんどくさかっただけだったりしてね×(^o^;)×



次回はバリ溝のスタースペックでチンカス卒業しますよ!でも3年落ちです×(^o^;)×






2011.11.27



故SF33あ〜る君からVスペ用のアクティブデフキャリア4.1丸ごととペラシャを売ってもらい
ました、来年のスーパーラップ用にシーケンシャルを載せようと思うのでボチボチ準備しますよ、で
も今日は休日なので子供と一緒に買い物に街に出て、クレドのしゃぶしゃぶの食べ放題に行くので作
業はしませんし今年いっぱいは大人しくしてます、一週間分ぐらい食い溜めしてやりますよウッシッ
シ○(^o^)○






2011.12.2



今日は岡山国際サーキットの会員枠に練習に行って来ました○(^o^)○



ガス抜け純正ショックと10年落ちタイヤを捨ててHKS18キロプロ
ダンパーと前後バリ溝スタースペックで軽くテスト走行しましたよ。






足がシッカリしてるのでロール量も前回とは格段に減りタイヤもマトモなので踏めました、さっく
り48秒です!Sタイヤを履けば2秒はUPすると思いますがワイン32時代の45秒には、まだ
届きませんね、まだ車をブツケたくないので踏み方に、ためらいがあります×(^o^;)×

やっとマトモに走れたチンカス卒業動画です○(^o^)○

クリック 






次にF1クーリングパネルと純正ウイングステー改のテストをする為???にシモサンに練習走行し
てもらいました、なんかシモサンの過激な踏みっぷりだとパワーとタイヤのバランスが悪くタイヤが
滑りまくりで前に進みません×(^o^;)×、それでも踏み続けたらアクティブデフが滑りだして動画の
通りマトモに走れませんでした、あとスタビが純正のままの重いBFR34だとロールが大きく、足
も僕のセットが全然ダメなので凄く乗りにくいみたいです、それでも42秒ですよ×(^o^;)×



ツルツル進まない?動画 クリック


運転が荒く見えるのは腕ではなく車の作りが悪いからです、
これからの手直し作業が本当のチュ〜ニングの始まりです!






ブレーキローターも片面スリットなので新品なのにジャダーが起きます??あと潜った純正ホイルは
超カッコ悪いです×(^o^;)×そろそろツライチホイルが欲しいですね○(^o^)○次回はデフとブレー
キ直してからアドバンA050の295幅サイズのSタイヤでアタックしますよ!前に進めば100
秒は切れそうです!多分ね○(^o^)○あと戦闘民族さんが遊びに来た時に、戦闘民族さんFDがエン
ジン載って動き出しそうなのでBFR34対FDのバトルをやることになりました!、今の僕の腕で
はラジアルのFDに付いて行けないので走りまくって腕を上げときますよ〜○(^o^)○






2011.12.3



年末は家庭のことで銭がいるので金欠で50万もするタイヤとホイルが買えなくタイムアタッ
ク出来ないな〜てっ思い、家の裏の用水路を眺めていました、すると何やら流れて着ます!

































駆け寄ってみるとホイル&タイヤです!うぉ〜!きっと神様からの贈り物です○(^o^)○






速攻で川から引き上げてみると11JのTE37SLのホイルに組
み合わさるタイヤは幻のヨコハマA050の295幅サイズです!





































次々と流れて来ます!!









































結局4本同サイズで流れて来ました、天からの贈り物なのでありがたく頂戴しましたよ○(^o^)○
それにしても、この逆反りスポークに深リムのGT−Rデザインホイルは最高にカッコイイですね
!名前もSLでスーパーラップの略です、なんかタイムが出そうな名前です○(^o^)○


でもソフトコンパウンドで1週しか使えないので、駆動系を強化してから使いますよ、未完成のBF
R34に付けてタイヤだけの力で3秒ぐらいタイムUPしてもバカにそれそうなので×(^o^;)×






2011.12.4



295幅のタイヤなんかノーマルボディー&フェンダーのBFR34には入るなかな〜?てっ思い、
装着してみるとフェンダーから7ミリ潜ったとこで納まりました、さすが神様からの贈り物ですピッ
タシです、フェンダーの爪折やインナーの加工を一切しないでギリギリの最高のトレッドになりまし
た○(^o^)○ノーマル風にこだわるのでボディーの加工はしませんよ。




ホイルがツライチに変わると見た感じがイカツく見えますね!



最強のタイヤ?を見につけたBFR34は威圧感のあるオーラーを放ち、いかにも速そうに見えます!

これで100秒切り出来るかな??






ちょいと新ホイルで近所で試乗してみました、するとハンドルを全開に切ってバックで段差を登る
とインナーにタイヤが擦る音がしたので確認してみたら軸より後ろのインナーの出っ張ったとこに
干渉した跡がありました、ストリートカーなのに干渉するのは良く無いのでキャスターを寝かすこ
とにしました。






テンションロッドを短く調整してタイヤを前に逃がします、4回転回しました。





キャスターを寝かしたのでホイルベースが12ミリ長くなりました。





ホイルベースを測る条件として左右のトーが対象の時が絶対条件です、ハン
ドルが少しでも切れてたら左右でホイルベースの長さは変わりますよ。






うひょっ!ハンドルを全開に切ると今度は軸より前のインナーに少し干渉します×(^o^;)×






12ミリもホイルベースを長くしたら今度は軸の反対側インナーに当たったので少し戻して中間の6
ミリにしてみました、すると軸の前後インナーどちらにも干渉しなくなりましたよ○(^o^)○、もう
このサイズになるとキャスター角どうこうより当たらない位置優先になりますね、結局ホイルベース
は2673.5ミリが、左右にハンドルを全開に切っても当たらない絶妙の位置ですよ!






最後にトーはイン0.1度に合わせ295サイズ専用のアライメント完成です!




295のタイヤでもブレーキ導風板に干渉してないのも確認しました。






これでスーパーラップ用のタイムアタック仕様の準備が出来ました、でもGSコンパウンドなので他の
中古タイヤで、もっとセットを取って煮詰めが決まったら現地でGSの295を履かして一発勝負に出
ますよ、多分1周でタイヤは終わります×(^o^;)×こんなに太いとタイヤが食いすぎて駆動系が飛ばな
ければいいけどね×(^o^;)×






2011.12.6



GSコンパウンド295を、まだ使う資格のない車両なのでスタースペックを外して溝が無いMの
265に組み替えました、組み替えたのは毎日休日のタイヤのプロのヨッコンに昼間にやってもら
いました、265タイヤはシモサンがセッティング用でくれたタイヤです、このタイヤで、駆動系
の滑りを直し足が決まってGOサインが出たら幻の295で勝負に出る予定ですよ。






2011.12.7



前代未聞のアテーサー強化をしようとリフトUPしました、下からふと眺める
と34のVスペックは下回りにも社外品の様な純正補強バーが入ってますね。






リアメンバーにはメンバーの止めネジのスパン間にパイプがありそれがボディーと
友締めしてます、つっかえ棒があると剛性は上がりますが重いですよね×(^o^;)×




本題に戻ります



34Vスペックはディフューザーを外すとマフラーの反対側に電動オイルポンプがあります。






デフはアクティブ式なのでセンサーから入力された信号がCPUに入ってポンプを駆動してデフに
油圧を送りデフをデフロックさせる仕組みなので、簡単に書くとアクセルONでデフがロックしア
クセルオフで解除されます、4WDのアテーサーもタイヤが滑ってからGセンサーとアクセル開度
をCPUが計算してからポンプでトランスファーに油圧を送って序所に4WD変化します、なので
アクセルオンでデフの方がアテーサより先に油圧が行ってデフロックするはずなのでデフロック用
の油圧配管をバイパスしてアテーサに繋げばアクセルオンと同時に4WDになるはずです、このや
り方ならアテーサプロのCPUの基盤を解析してデーターを変える必要が無いので安く簡単です、
上手く行くか判らないけどやってみますよ。






2011.12.8



今晩はアテーサ&アクティブの油圧ラインのバンジョウに穴を明けました、そしてM12のネジを切りました。






Oリング用の段落ち加工もしました。






このバンジョウから油圧を取り出しもう1つのバンジョウまでバイパスさせます、このバイパスの
途中に開閉バルブを付けるとバルブを閉めるとノーマルに戻せます、4WDはアクセルオンと同時
になるとプッシングアンダーになるので、開閉バルブを半開きにすることでワンテンポ遅れて四駆
になるので、一瞬リアタイヤがホイルスピンして頭がインに向き,曲がる姿勢になったとこで四駆
になるとカナリ速く立ち上がれるかもしれません、開閉バルブの開度で四駆になるタイミングをセ
ッティング出来るのでこのシステムが完成したらアテコンと違い原始的ですがダイレクトな武器に
なりますよ○(^o^)○






2011.12.9



今晩はデフとアテーサーの作動油のラインを合体させました、
デフとアテーサのエア抜きも3回もしました念のためにね。






いつもの洗車場まで走って行きオイル漏れもOKで警告灯も何も点灯しないで走れるのを確認し安心
してましたが、コンピューターの水温が77度に対してモニターは6度も多めに表示してるのに気付
きました、まあ今回は水温は関係ないので気にしないでアクセルターンをしたらデフが全く効かなく
空転して前に進みません、何かセンサーが誤作動して、やっぱダメでしたね(T_T)、帰りに直線で加
速したら全く4WDにならないので3500回転からホイルスピンして前に進みません(T_T)最悪で
す、いつも失敗ばかりしてるので、さっさと次の作戦考えることにしました×(^o^;)×






2011.12.10



一晩考えて、アクティブデフはN1レースなどでも使用され、近場ではy34さんが純正アクティブ
デフのまま40秒が出てるので、BFR34が滑るのはおかしいと思いました、昔32の時にトラン
スファーに硬いミッションオイルを入れるとディスクが滑ってFRになったことがあります、BFR
34は中古で購入した時からトランスファーオイルとデフオイルを換えたことがないので指定の水み
たいなATFをトランスファーに入れました、水みたいなオイルの方がオイル切れが良くディスクの
鉄同士が摩擦して滑らない原理です、あとデフオイルはアクティブLSD専用純正オイルにしましたよ。






トランスファーとアクティブLSDの配管を元に戻し作動油も純正の水みたいなオイルを入れ何回も
エア抜きしました、シャバシャバのオイルの方が作動レスポンスがイイみたいです、早速テスト走行
に行きましたが、バッチリ直ってます、アクセルターンも出来て4WDにもレスポンス良く切り替わ
り別物です、やはり前オーナーが変な粘りのあるオイルを入れてたみたいですね、オイルに粘りがあ
れば効く様な気がしますが、実は逆なんですよ×(^o^;)×






2011.12.11



今晩はスーパーラップの為にエンジンオイルにジャンプオイルの10W−
60を初めて入れました、もちろん100%科学合成油です○(^o^)○





ジャンプオイルとは?



ジャンプオイルはアメリカ空軍及びNASAの研究委託契約を結んでるオイル会社です、
ステルス戦闘機などにも使用されてるので信頼できますよ、戦闘機なんかオイルでエンジ
ンブローなんかしたら墜落し死亡です×(^o^;)×、戦闘機は変なオイルなんかじゃ通用し
ません!今は円高ドル安なのでペール缶で24000円なので今がお買い得ですよ〜誰で
も買えるようにネットでも販売してます○(^o^)○






そして名古屋の山○さんからパワーが足らんとお告げがあったのでパワーアップセッティングに出ま
したインタークーラーの吸気温度は7度です、かなりパワー出そうです、ブーストも誤作動を避ける
為にブーコンを使わすにゲートのネジを5回転回しブースト上げましたよ。






ゲートバネ5回転で1.7まで上がったので1.7でセッティングしました、265のSタイヤを履
いてますが路面温度が低いので3速でも4輪ホイルスピンして怖かったけど、なんとか1.7でセッ
ティング出来ました、でも8000まで回すと1.6までゲートの関係でタレますが前回の1.5と
は激変しましたよ、あと今のパワーFD?のDレトロ?は1.5までしか計測出来ませんが裏技の裏
マップを使い1.7でセットするのに成功しました○(^o^)○

ブースト1.7のメーターリプレイ動画


クリック


まだまだスーパーラップ用の準備が続きます、アタック当日は現地でセット変更や温めた29
5のタイヤに交換するのでスタッフが2人ぐらいいりますね×(^o^;)×年内に花が咲くかな?






2011.12.12



今晩は足の仕様変更するので外しました、今回はシモサンの知り合いの自
動車屋さんで変更します、変更の内容は秘密なので公開はしませんよ。






フロント             リア

シャコタンに見えるBFR34は実は結構車高は高いですよ、サイドステップがゴッツイから
低く見えるだけです、前はタイヤとフェンダーの隙間が指1本で、後ろは1本半も入ります。






あとジャンプオイルの問い合わせがウチにありましたがウチは代理店ではないのでSTYさん
とこで注文してくださいね、1リッターでも小売してくれますよ、ヤフオク通さずに直接取引
きすれば5%は値引きしてくれます、送料もペール缶なら無料です!(北海道、沖縄、離島、
1部地域除)

問い合わせ先STY  パソコンアドレス t6725g8cm@mx32.tiki.ne.jp







2011.12.13



今晩はオイルキャッチタンクをPP材で溶接して製作しました。






ウォッシャータンクを外さないとキャッチタンクを装着出来ないので、オイルキャッチタンク装着が
義務付けられた走行会の時だけキャッチタンクを装着しますよ、やっぱレースごっこするのに飾りで
もオイルキャッチは付けとかないと笑われます×(^o^;)×






さらにアテーサを強化する為にDoーラックのトルクマネージャーを買いました、中古がなかったので新品
買いましたよ高かったです×(^o^;)×でもy34さんに聞いたら良いものと言ってたので信用して買いま
した、実績のある先輩の言うことは受け入れた方がタイムUPの近道になるので!○(^o^)○






2011.12.15



今晩は少佐にウィルウッドキャリパーを外してもらいました、
これはアブガスさんに100万で売りつけます○(^o^)○






その間に僕はエンドレスキャリパーのオーバーホールをしました、
これは白32R時代に新品で買って1年しか使ってない物です。






キャリパーブラケットは自作のブラケットを使います、これを使うことで
安いV36の355パイローターを装着することが出来ますよ○(^o^)○






そしてエンドレスを久々に装着しました、ローターはV36再利用なので少佐に紙ヤスリでローター当
たり面を慣らしてもらい左右入れ換えて装着しました、もちろん裏面にもスリットは入れましたよ○(^o^)○






仕上げに少佐にCC−Rのパッドを入れてもらいました、もうパッ
ド残量がないですが、スーパーラップだけならなんとかなるかな?






結局エア抜きまで少佐に付き合ってもらって午前様になりました、デゴウしてくれてあり
がとうございます○(^o^)○お陰で年内に、もう一回スパーラップに挑戦出来そうですよ。






2011.12.16



今晩はDo-ラックのアテコンを装着しました、おそらくボリューム全開でもフロントトルク不足
なので全開固定にして、走りながら触ることが無いので内装の中に後ろ向きに固定しました。






いちをカバーを外せば後部座席側から調整出来ますよ○(^o^)○内装
もノーマル風に、こだわるのでピコピコする光物は隠しますよ〜